Asian Conference

The next Mechademia conference in Asia will be held in Kyoto, Japan from 25-27 May 2018. Registration and attendance information will be available soon.

Call for Papers

Manga Nexus: Movement, Stillness, Media

Manga has long been discussed as static images that are felt to move. We see this in the intricate chemistry between panels and page, the play of line, employment of words in multiple registers, the use of narrative, arranged in varying types of sequences, where still images possess movement. From a different perspective, manga has moved globally, from Japan to the world; now even The New York Times has a “Manga Bestsellers List.” But in this media-filled world, manga does not move alone. Manga has often been considered in comparison to cinema, and not because of the many adaptations manga has spawned, but for the cinematic devices in the panels of manga. But in the world of the traditionally considered moving-image, no media is closer than anime, whose close relation has produced mutual exchange. As a commercial industry, manga also connects to many other products in this era of media-mixing, where adaptations move in and away from manga, from games to light novels, from figurines to stickers. In this sense, manga moves not just in the interplay between panels and lines, but through media, with media. As such, we must begin to consider these dynamics, of manga in the context of other media, of manga as its own media, of manga’s form and the forms of the other media it engages with. Further out, we must consider what these forms do, what manga does to other media, what other media do to manga, what manga does in Japan, in the global. Image and text alone are constraining, but if we open these up as placeholders inviting conceptions of form, opening them up towards other media. From there we can begin to gain insight on new ways of conceptualizing movement, stillness, and media in this global century.

Please send 250 word proposals to mechademia@mcad.edu by April 1, 2018. In your email memo field, state: Kyoto_2018_submission

 

メカデミア会議 京都2018

日本・京都

2018年5月25日~28日

マンガ・ネクサス:運動・静止・メディア

マンガは長らく、動いているかのように感じられる静止したイメージとして語られてきました。こうしたことを私たちは、コマとページとの間に、描線の戯れに、幾重にも重層的になった言葉の用い方や、静止したイメージが動きをもつような様々なタイプのシークエンスが組み合わさったナラティブのうちに見出すことができます。また違った視点から見れば、日本から世界へと、マンガはグローバルな規模にも動いています。いまや、ニューヨーク・タイムズが「ベストセラーマンガ」のリストを掲載しているのです。しかし、このメディアが氾濫する世界のなかで、マンガはそれ単体だけで動いているわけではありません。マンガはしばしば映画との比較で捉えられていますが、それはマンガを原作としたアダプテーション作品が数多く生み落とされているからではなく、マンガのコマのなかにおいて用いられている映画的な技巧によるものです。とはいえ、伝統的な動くイメージの世界において、その密接な関係が相互の交流を生み出してきたアニメほど、マンガに近しいメディアはないでしょう。産業として、このメディアミックスの時代のなかでマンガは様々なアダプテーションがそこへと進出し、また巣立っていくものとして、ゲームからライトノベル、フィギュアからステッカーまで、多くの生産物と結びついてきました。この意味において、マンガはコマと描線のあいだの相互作用によって動きを持つだけでなく、メディアを通じて、メディアとともに動いてもいるのです。それゆえに、私たちはこうしたダイナミクスをマンガと他メディアとの関係性の上で、あるいはマンガというメディア自体において、そしてマンガの形式とそれが出会う他メディアの形式とのなかで捉えなければならないでしょう。さらに、私たちはこうした形式がどのように働くのか、マンガは他のメディアに対してどのように働きかけるのか、他のメディアはどのようにマンガへと働きかけるのか、マンガが日本と世界のなかでどのように働くのかについても考える必要があるでしょう。孤立したものとしてのイメージとテクストという制約を、私たちは形式という概念を呼び込むことによって、他のメディアへと開くことができるでしょう。そこから、私たちは動きと静止、そしてこのグローバルな世紀におけるメディアを概念化していくための、新たな知見を得ることができるはずです。

 

Kyoto_2018_submissionというタイトルのメールで提出すること。

発表は原則英語で行うこと。要旨は250単語(英文)程度。

提出先:mechademia@mcad.edu

提出期限:2018年4月1日